お知らせトップ

「核兵器禁止条約の国連会議」報告会

  「核兵器禁止条約の国連会議」は29日、3日目の討議に入り、各国代表と「市民社会」代表の発言が続きました。日本共産党の志位和夫委員長は「市民社会」の代表の一人として、演説(ステートメント)を行いました。国連の公式会議で党の代表が演説を行うのは初めてです。

しんぶん赤旗号外「こんなに危険 戦争法」ができました。
中央委員会のHPからダウンロードください。

2017年6月15日木曜日

市議団ニュース148号を発行 20~22日で一般質問

 市議団ニュース148号を発行しました。
大和市議団ニュース148号(PDFが開きます)

20~22日で一般質問が行われます。
質問の順番と内容は下記のとおりです。(日程は前後する可能性があります)
ぜひ傍聴に起こしください。

6月20日(火) 6番 14時10分頃~
ほりぐち香奈 議員
1.「第2子の壁」の解消にむけて
2.安心して子育てができる環境整備の充実を
3.国民健康保険にかかわって

6月21日(水) 2番 9時40分頃~
さとう大地 議員
1.平和都市宣言と厚木基地について
2.その生命を最期まで~犬や猫などとともに~
3.子どもたちがのびのびと遊べる街を目指して

6月21日(水) 7番 16時10分頃~
たかく良美 議員
1.大和市の農業について
2.食育について
3.社会教育について
4.スクラップなど資源廃棄物について

6月22日(木) 4番 13時~
宮応ふみ子 議員
1.教育について
2.生活保護について

インターネット中継がリニューアルされました!!
スマートフォンからもご覧いただけます。
市議会ネット中継(新しいページが開きます)






2017年5月17日水曜日

5.16 小池晃演説会 会場いっぱいの1000人の参加!!

 5月16日、やまと芸術文化ホール(シリウス)で開催した日本共産党演説会は、会場いっぱいの1000人の参加で大成功となりました。

 フラッシュモブでアピール行動を続ける朝倉さん、弁護士で4市(大和・綾瀬・座間・海老名)共同市民の会の事務局の滝本さんに連帯のごあいさつ、「9条をノ―ベル賞に」の取り組みを続ける鷹巣さんからメッセ―ジをお寄せていただきました。
心からお礼を申し上げます。

〇今の自民党政治のおかしさを痛感しました。共産党の議席を増やして、日本に生まれて良かった! と早く思いたい。(60代)
〇小池書記局長の国会内の小話を聞けて良かった。もっと労働者が休みがとれるようにすることを前面に出して活動していただきたい。(19歳)〇小池さんの話に魅了されました。特に、外交の話が良かった。私は共産党員ではありませんが、参加して良かった。(40代)
など、多くの感想をいただきました。

小池晃参議院議員(党書記局長)のお話はYouTubeからご覧いただけます。

2017年5月16日火曜日

小池晃来る!! 5月16日 大和演説会 #それ日本共産党に聞いてみよう

5月16日(火) やまと芸術文化ホール『シリウス』で共産党演説会に小池晃参議院議員(日本共産党書記局長)がお話します。

共産党演説会
日時:5月16日(火) 17時半(開場) 18時半(開会)
場所:やまと芸術文化ホール『シリウス』 大ホール
備考:保育室あります(事前に申し込みください)


小池晃参議院議員の特設ページできました!

#0516小池晃大和に来るってよ
#知るほどアリだわ日本共産党

#それ日本共産党に聞いてみよう

2017年5月12日金曜日

市議団ニュース147号を発行 臨時議会で委員会決まる

市議団ニュース147号を発行しました。
5月10日臨時議会が開かれ、正副議長・監査、委員会の所属が決まりました。

下記リンクからご覧ください(PDFが開きます)
https://drive.google.com/open?id=0B_SUhgOXj6mKcjlVOXdsR3BzWjQ

各委員会・附属機関の所属委員は下記の通りです。
○委員会
総務常任委員会・・・・・・・宮応議員(副委員長)
厚生常任委員会・・・・・・・ほりぐち議員
文教市民経済常任委員会・・・さとう議員
環境建設常任委員会・・・・・高久議員(副委員長)
議会運営委員会・・・・・・・宮応議員
基地対策特別委員会・・・・・さとう議員

○附属機関
都市計画審議会・・・・・・・さとう議員
市立病院運営審議会・・・・・ほりぐち議員
国民健康保険運営協議会・・・高久議員
広域大和斎場組合議会・・・・宮応議員
基地対策協議会・・・・・・・高久議員

2017年5月10日水曜日

団長替わる たかく新議員団長のあいさつ 

議員団長を引き継ぎましたたかく良美です。
市議会でも市民との共同や野党共闘が前進できるよう力を尽くします。改選から3年目、要求の現場に足を運ぶことを心がけ、団結し、がんばります。