お知らせトップ

「核兵器禁止条約の国連会議」報告会

  「核兵器禁止条約の国連会議」は29日、3日目の討議に入り、各国代表と「市民社会」代表の発言が続きました。日本共産党の志位和夫委員長は「市民社会」の代表の一人として、演説(ステートメント)を行いました。国連の公式会議で党の代表が演説を行うのは初めてです。

しんぶん赤旗号外「こんなに危険 戦争法」ができました。
中央委員会のHPからダウンロードください。

過去の市民新聞

●大和市民新聞185号ー2016年2月
1面 PDFファイル
もっと、子育てしやすい大和へ
---第2子の壁の解消がカギ 出産費用の助成を第2子からも
---子育てと介護のダブルケアへの支援を
---まごころ支援センター等での調査を検討(市答弁)
・ママの会の「安保関連法の廃止を求める陳情書」自民・公明その他は本会議で討論もせず不採択に
・危険極まりないオスプレイの飛来は中止を
・ひろば~多様性の反映が平和を築く~

2面 PDFファイル
全国一斉学力テスト・結果公表で競争主義の弊害が
---基礎学力や学ぶ喜びを感じられる教育環境整備が必要
・地方版アベノミクス・地方創生は正規雇用と子育て環境の充実こそ
・指定するなら対策も考えてほしい
    ―土砂災害警戒区域指定―
---市民説明会で意見続出
---「逃げて」と言われたって
---対策こそ必要ではないか
・ブルーレーンは滑ってこわい!
    ~自転車利用のさらなる環境整備を提案~
---塗り方の工夫を提案
---「消えた横断歩道」にも緊急対策を
---注意!大和駅周辺の自転車の利用方法は複雑
---「安全なプロムナード」めざして

●大和市民新聞185号ー2015年12月
1面 PDFファイル
オスプレイの厚木基地拠点化は許されない!
---人口密集地上空での飛行を我が物顔で
---なんと、厚木基地でタッチ&ゴー
---中谷防衛大臣に抗議と申し入れ
・平成26年度一般会計決算に反対しました
・9月議会審議結果
・ひろば~戦争法(安保法)廃止のたたかいは進む!~

2面 PDFファイル
暮らしの予算削減で戦争準備
---消費税増税と荒田な社会保障費の削減
---戦争法廃止で暮らしを守る新しい政治を
---高くて払いきれない国保税 基金と支援金の活用で値下げを!
・安心した老後のために、介護保険制度の改悪は許されない
---要支援者は大和市の総合事業に 特養入所待機者、689名も
---介護利用料2割負担(倍になる!)の方、1100人も
---介護職員の処遇改善には、国の「交付金方式を」
・市民の声が反映される「中央林間の街づくり」を
---みどりの住宅跡地にプール建設も提案
---北の玄関口に期日前投票所の設置を提案

●大和市民新聞184号ー2015年8月
1面PDFファイル
憲法違反の戦争法案ストップ―決めるのは国民世論―
---立憲主義を踏みにじる暴挙
---市長は「99条により憲法を守る義務がある」と答弁
---市内各地で様々な反対行動
---衆院強行採決で内閣支持率急落
・原子力空母の母港撤回で爆音被害の解消と原子力事故を未然に防げ
---原子力空母の交代、原発事故の心配が現実に
---母港撤回こそ爆音も原発事故もなくせる
・6月議会審議結果
・ひろば―後援名義取り消しは憲法への逆行―
2面 PDFファイル
市北部に新小学校建設を
---北大和小学校では1300人に
---少人数学級こそ必要
---プレハブ校舎ではもう限界
・ますます深刻になる子どもの貧困 市として学習支援を含めた解消策の実施を
---子どもの6人に1人が品行状態に
---政府は実効性ある対策を
 ---貧困の連鎖を断ち切るための学習支援等実施を
・国民は、政府が個人情報を「マイナンバー」で管理する社会を望んではいない
・高齢者等の外出支援に坂道等へのお休みベンチ設置を

●大和市民新聞183号ー2015年4月
1面PDFファイル
共産党議員団「海外で戦争する国づくりやめよ」の意見書提出
---大和市議会は否決
---戦死者が出る事態に
---立憲主義に反する暴挙
---憲法9条を生かした平和の外交戦略こそ
・介護保険の改悪をやめ、安心できる制度への転換を
---介護保険料、また値上げ
---国の負担を元に戻し、安心できる制度に
---保険外しと負担増の制度改悪が目白押し
・子どもの豊かな成長を願って 今こそ少人数学級の実現を
---教育長も「35人学級は有効」と答弁
・光丘中学に電車通学する生徒の定期代全額助成!
2面PDFファイル
払いたくても払えない国保税の引き下げを
・災害から市民を守るために
---防災ラジオの市民への配布を提案
・「生涯派遣社員」となる危険が大きい労働者派遣法改正案は撤回を
---増えているの非正規労働者は
---貧困と格差を生み出すアベノミクス
・未婚のひとり親家庭にも寡婦(夫)控除のみなし適用実施へ
・3月議会の審議結果

●大和市民新聞号外ー2015年2月
1面PDFファイル
大和市議・副議長今度は県政へくぼ純
・改憲を許さず・基地のない神奈川を!
---集団的自衛権行使、改憲論議は戦争への道
---「基地対策特別委員会」の復活を
---大型開発より暮らしを守る県政を
---大和市に「県立特別支援学校」の設置を
2面PDFファイル
共産党大和市議団の議会活動
・社会保障の改悪目白押し
---利用できる制度は利用し、新たな制度はつくる!
・子育て応援のやまとへもっと県の支援を!
---医療費無料化のさらなる充実を
---安心・安全の保育園を増設を
・ブラック企業の監視と権利の啓発を
・学校すべての小中学校で4月から3学期制に戻ります
---大和市北部にもう1校の小学校建設を

●大和市民新聞182号ー2014年11月
1面PDFファイル
消費税10%?!とんでもない!
・「消費税10%引き上げに反対する」陳情保守・公明・ネットなど否決
---消費税は大企業の減税の穴うめに
---税金は応能負担が原則
・オスプレイ、厚木基地への飛来を許すな!!
・補正予算2億7700万円可決
---保育園の増設や子育て支援の前進も一方、大和駅前ひろば(北)拡幅、これでいいの?
・相模大塚地区から光が丘中学へ通う生徒の通学定期代の助成は250万円あればできます!
2面PDFファイル
子どもの貧困の解決は、緊急の課題一刻の猶予もならない!
---具体性乏しい子どもの貧困対策大綱
---児童扶養手当の切り捨ては許されない
---給付型奨学金制度の復活を
---大和市奨学金の増額と活用の改善を
---子どもに寄り添うSSWは正規職員で
・子どもの安全、安心、成長を守れる大和市子育て条例こそ必要
・生活保護切り下げに連動した就学援助制度の改悪は許されない
・住宅リフォーム助成制度具体的に検討すると答弁
・成人用肺炎球菌ワクチン、3000円で接種開始
---・・・でも「個別通知」が必要です。

●大和市民新聞181号ー2014年8月
1面PDFファイル
オスプレイ来るな!緊急集会
・集団的自衛権行使は憲法の破壊
・市民の苦しみ解決への道は基地撤去しかない!
---市民の健康調査をすべきではないか
---深夜の爆音なぜ、解決策は空母上に留まること
---今年は舘野鉄工所への米軍機墜落事故50周年、慰霊塔の建立を
・マイナンバー制プライバシーは守られるか
---「ねらいは社会保障」の抑制
---あらゆる個人情報を国が握る
2面PDFファイル
教育委員会制度改悪
・戦後の民主教育をかえるもの―教育は子ども中心に―
---市長の意向が強まる心配が・・・
---教科書採択、学力テストの結果公表は・・・
・命の人格権に優るものはない―大飯原発差し止め判決―
---党市議団「原発再稼働中止を求める意見書」提案賛成少数で否決
・子ども子育て支援新制度子どもの命を守って!!
---0~2才児が入所する小規模保育園にはより手厚い基準が必要!
---保育資格者がいないか、少ない施設に死亡事故の多くが集中
---認可基準は現行の認可保育園と同様に!
---保育士の確保と質の向上を
・大和駅にホームドアの設置を提案

●大和市民新聞180号ー2014年5月
1面PDFファイル
解釈改憲による集団的自衛権行使は立憲主義を踏みにじる暴挙
---日本を戦争できる国に変えることは歴史の逆流
---核密約が核廃絶の足かせに
---オスプレイ飛来は命と安全を脅かす
・大和市2015年より3学期制へ
・大和市全員賛成でブラック企業への対策求める意見書を国へ提出
・消費増税は社会保障に充てられているか
・消費税は大企業への減税の穴埋め
2面PDFファイル
消費増税は社会保障充実のためはウソ
介護保険の改悪は許されない
---これで介護保険の充実と言えるのか
---要支援1・2のヘルプは重度化させない重要な訪問介護自治体がどのように行うのか
---利用料2割になる人が1300人も!!
---特養ホームの入所待機者が700人も
---要介護認定請求書発行で税の「障がい者控除」の周知を
・保育園にはいれない
---入所申込みしたのに入れない子どもが439人・・・公的保育の充実で安心して子育てしたい☆
---ベビーシッター事件が投げかけたもの
---困っている親に寄り添える保育専門相談員が今すぐ必要
・寡婦(夫)控除の適用を全てのひとり親家庭に!
---自治体としてできる「みなし適用」を
---国への意見書1票差で可決

●大和市民新聞179号ー2014年2月
1面PDFファイル
秘密保護法は「何が秘密かも秘密」のまま―戦後民主主義を否定―
---秘密に触れれば、国会議員も厳罰の対象に
---国民には情報を隠し、米軍には提供
---戦前の日本への歴史の逆流は許されない
---市長「政府は丁寧な対応を」と答弁
・特定秘密保護法の廃止を求める意見書―大和市議会賛成少数で否決
・市立病院―歯科口腔外科を新設
---救急外科、化学療法センターは拡充へ
2面PDFファイル
入所待機児766人にも(1/1現在)
保育園増設と乳幼児枠拡大で待機児解消を
---保育園増設と実態に見合った受け入れ態勢の改善を提案
---正規保育士の採用を再開し、市は保育に責任を
---子ども子育て新制度で保育格差と質の低下は許されない
・「所得制限なしで」小児医療費助成制度―中学卒業まで拡充を!
・芸術文化ホール図書館など4月着工へ

●大和市民新聞178号ー2013年11月
1面PDFファイル
オスプレイの日本への配備と厚木基地ねの飛来を許すな!
---欺瞞に満ちた「安全宣言」で、普天間・岩国に配備受け入れ
---「戦争する国をめざす安倍政権」
---オスプレイ--日本では飛行禁止の欠陥機
・厚木基地--日米ガイドラインに基づく市街地米軍機の墜落事故初動訓練
・消費税増税はくらし、景気を破壊する
---法人税減税の穴埋めに消えた消費税
2面PDFファイル
学期制のあり方は教師・生徒・市民の合意形成が必要
---夏休みなどで子どもの意識は途切れる
---競争教育は子どもの人格形成になにをもたらすか
---子ども中心の学校でづくりは3学期制が望ましいのではないか
・妊娠期からの支援で児童虐待の防止を

●大和市民新聞177号ー2013年9月
1面PDFファイル
憲法は国民の国に対する命令書
---自民党改憲草案、不戦の誓を破棄し、国防軍の保持を明記
---侵略戦争の正当化は許されない
・大木市長、待機児童ゼロを目指すと答弁
・子どもの遊び場も有料化
---大和市、年間500万円の収入見込む
2面PDFファイル
「憲法第25条生存権の保障」
生活保護制度の改悪は許されない
---雇用の破壊と失業で増え続ける生活保護世帯
---生活保護対象者のうち受給は、ヨーロッパでは60~80%、日本では約20%
---新しい国会で生活保護制度改悪、消費税増税阻止を
・耳は健康のバロメーター
難聴の早期発見とサポート体制の強化を
・《ゾーン30》生活道路、通学路の交通安全対策を

●大和市民新聞176号ー2013年3月
1面PDFファイル
改憲は日本を戦争する国に変える
憲法を生かしてこそ、平和もくらしも守られる
---国防軍をつくる自民党憲法改正案
---自民・公明・維新・みんな・民主など改憲派が多数
・オスプレイの訓練で厚木基地を使用しないよう求める決議
---全会一致で決議
・4月からの下水道使用料の値上げに反対
・芸術文化ホール建設を議決
---総額119億円
2面PDFファイル
《3.11ふまえて》大和市地域防災計画見直しへ
---ペットボトル備蓄やスタンドパイプなど新たな取り組みが実現
---原子力艦船の核事故戦争よりリスクは大きい
---米艦船の核事故への対応を計画に盛り込むべき
・安心して産み育てられる子育て支援の充実を
・《サッカー・野球・バスケットなど》休日、子どもたちの校庭・体育館の使用料の無償化を
---無償化、平成25年実施を視野に検討大木市長が答弁

●大和市民新聞175号ー2012年11月
1面PDFファイル
《雇用破壊で》市民の所得も市税収入も減
財界言いなりの政治がくらし破壊
---増え続ける貧困層、大和市も
---財界言いなりの「労働者派遣法」制定で低賃金押し付け
---雇用は原則「正社員」で安心して暮らせる社会を
---生活保護制度は最後のセーフティネット
・大和市芸文ホール・図書館など建設へ
---文化の振興、社会教育は行政の責務管理運営は民間業者でいいのか
・大和市立病院増設と病児保育施設設置など補正予算可決
・ごあいさつほりぐち香奈
2面PDFファイル
《神奈川臨調》県の施設は原則廃止・統合・移譲
県補助金も廃止、教育予算も聖域とせず
大和市への補助金6億7200万円もゼロベースで見直し
---市長も強い懸念を表明
---大企業には721億円を見込む
県・教育予算も削減学校で増える非正規雇用の先生
---日本の教育は世界で最低
---少人数学級で基礎学力を
大和市議会「県有施設の廃止及び市町村への補助金の削減を行わないよう求める意見書」採択
・尖閣諸島など領土問題は、道理に立った外交交渉こそ解決の道
・オスプレイの配備撤回と低空飛行訓練の中止を求める陳情書
---大和市9月議会保守会派が否決
---アメリカ言いなりの日米安保条約の是非が問われている

●大和市民新聞174号ー2012年8月
1面PDFファイル
《福島》もし「水蒸気爆発」なら首都圏も最悪の一歩手前にあった
人間は原発事故も放射能もコントロールする「技」を持っていない
大飯原発再稼働は許されない
代々木公園では17万人の「さよなら原発大集会」
・消費税増税は暮らしも経済も財政も壊す
---市立病院21年ぶりの黒字も増税で赤字に転落か
---トヨタ1社で輸出戻し税は2200億円以上も
・電気料金値上げに反対し、総括原価方式の見直しを求める意見書:全会一致で採択
2面PDFファイル
爆音の大本に日米安保体制
軍事同盟で日本の安全と平和はつくれるのか
---アメリカでは爆音の動植物への影響を調査
---墜落を繰り返す欠陥機オスプレイ厚木基地も使用と防衛省認める
---安保条約をなくせば厚木基地は1年以内になくなる
---軍事同盟は20世紀の遺物憲法9条を生かす政治こそ平和をつくり出す
・《大和市の2学期制》広く市民の声を聞き、3学期制に戻すべき

●大和市民新聞173号ー2012年5月
1面PDFファイル
富裕層への課税強化は欧米では当たり前
ムダを省き、社会保障と財政の健全化を
「消費税増税反対」の陳情書、採択(大和市議会)
---一体改革の中身は社会保障改悪が目白押し
---消費の冷え込みで景気は悪化し財政健全化にもつながらない
---《共産党》消費税を上げなくても社会保障は可能と提言
・住民の安全より日米安保最優先ー米軍艦載機部品落下事故
・やまと芸術文化ホール建設へ
2面PDFファイル
4月より大和市の国民健康保険税値上げは市民生活脅かす
共産党市議団は反対し、予算の組み替え動議で修正案提出
---国の負担を元に戻すことこそ不可欠
---生活保護基準以下でも国保税負担
---減免申請制度や窓口での一部負担金の減免制度の活用を
・中学体育の武道必須化ー生徒の万全な安全対策と指導者の育成を
・小中学校向け・新「放射線副読本」は原発事故への反省もなく、新たな「安全神話」を押しつけるもの

●大和市民新聞172号ー2012年2月
1面PDFファイル
「原発」事故原因不明のまま収束宣言
再稼動なぜ急ぐ自然エネルギーへの切り替えこそ必要
---福島事故原因不明のまま、大飯原発の再稼動は許されない
---原発の40倍の自然エネルギーへの切り替えを
放出された放射性物質セシウムだけで150兆ベクレル
---子どもの内部被ばくを防げ
---学校・保育園などの給食材の放射能検査の充実を提案
共産党議員団:「市民への放射能測定器貸し出し」を提案
・市政を語る集いで国民を裏切る政治への怒り
2面PDFファイル
「市場原理」「構造改革」は、くらし・雇用を壊す
---その一部を大和市政でみると
自己責任で校庭使用も有料
子どもたちが野球やサッカーをする校庭使用の有料化を止めよ
---大和市738万円の使用料徴収に1,072万円の人件費を支出
---共産党市議団の12月議会での質問に対し「使用者の意見を伺い議論を進める」と答弁
・「介護保険制度の安定運営のための国庫負担の引き上げを求める意見書」・・・賛成多数で採択
---介護保険に対する国庫負担をひきあげること
---介護報酬の改定にあたっては、介護職処遇改善交付金を算入しないこと。
・交通体系の見直しで「市民の生活の足」確保を

●大和市民新聞171号ー2011年11月
1面PDFファイル
首都圏を第2のフクシマにしてはならない
米原子力空母の撤退を
---東京湾入口2基の原子炉は震源域の真上
---関東大震災では、戦艦が大破。空母は原子炉事故の危険
---米原子力艦船、ひんぱんに事故。米軍はこれを軍事機密で明らかにせず。
---首都圏を第2のフクシマにすることは絶対許されない。
欠陥飛行機の飛行訓練は許されない
・領土問題の解決は武力ではなく外交努力こそ世界の流れ
2面PDFファイル
放射能汚染から住民の命と健康を守るために
---大和市の測定値、基本的に暫定基準値内「ホット・スポット」は直ちに除染を
---学校給食などの調査実施へ
---汚染された汚泥焼却灰は溜まる一方
・子どもの医療費、中学卒業まで拡大を
介護保険特養ホーム入所待機者解消を介護保険料の値下げを
・生活保護は憲法25条の定める最後のセーフティネット

●大和市民新聞170号ー2011年8月
1面PDFファイル
今こそ原発ゼロをめざし、自然エネルギーへの転換を
原発技術は未完成で危険
たまり続ける死の灰
---人類の今と未来を危険にさらす
---市長の答弁
日本は核兵器7700個分のプルトニウムを保有
---原発に群がる利益共同体より国民の生命と安全を守る政治を
・大和市議会は脱原発を求める意見書を採択
2面PDFファイル
防災と福祉の街づくりをめざして
---市防災計画の早急な見直しを
---消防力の強化こそ
---3月に放射能測定を提案し、さらに拡大を提案
---大和市立病院の電源確保を
・聞き取りづらい防災行政無線の改善を
・大和市下水道:汚泥焼却灰からの放射能物質処分の見通しも無い
・広大な圃場跡地を防災と福祉の拠点に・・・

●大和市民新聞169号ー2011年4月
1面PDFファイル
東日本大震災
国の総力をあげて支援・復興を
安全最優先の原子力行政に転換を
---大和市被災者に民間住宅50戸借り上げ
---米原子力空母の「安全神話」も崩壊
---日本共産党35年前から原発の危険性を提起
---浜岡原発は即時運転停止を
---新しい議会で「大和市地域防災計画」の見直しを
・大和市、全ての小・中学校校舎耐震補強が完了
2面PDFファイル
教育長「2学期制を教師、市民など幅広く声を聞き、検証する」と答弁
市長「新聞などの資源回収の戸別収集を検討」と答弁
・高くて払えない国保税の引き下げを
・保育園、特別養護老人ホームなどの建設が切実に求められています
・住宅リフォーム助成制度を求めて

●大和市民新聞168号ー2011年2・3月
1面PDFファイル
・国の負担金を元に戻し
国民健康保険税の値下げを
---高くて払えない
国保税滞納額40億円
・介護保険の制度改悪をストップさせよう
---実態は「重い負担を理由に利用抑制」が7割も
---国として低所得者層の保険料、利用料の減免制度を
---特養ホームの入所待機者は700人も
・米空母の母港返上で爆音、基地被害の解消を
・尖閣諸島は日本固有の領土、
---問われているのは軍事力ではなく外交力
---米国とは軍事同盟ではなく対等な友好条約を
くぼ版1面
たかく版1面
宮応版1面

2面PDFファイル
・学習意欲なども低下
大和市も三学期制に戻すことの検討を
---メリハリがつかない
子ども中心の学校づくりを
---徳島市
アンケートで三学期制がよいは、保護者で63~65%小学校長は31人中22人
・少人数学級の早期実現を
・保育園増設で、入園待機児の解消を
---入園待機児童の解消を
---公立保育園の民営化中止を
---民主案保育園良くなるどころか保育園さがしも親まかせ
・共産党の議会改革
・市民の願い、まっすぐ市政に届けます

●大和市民新聞167号ー2010年11月
1面PDFファイル
・浮かび上がる二学期制の問題点
教師市民の声を聞き、三学期制に戻すことの検証を
---メリハリがつかない
学習意欲も低下
子ども中心の学校づくりを
---アンケートで三学期制がよいは、
保護者で63~65%
小学校長は31人中22人(徳島市)
---子どもの心を傷つける学校の序列化
---競争原理は、学校教育に有害です
・大和市は昨年平和市長会議に加盟
大和市長、今年広島市で開かれた平和市長会議に初めて参加
2面PDFファイル
・子育てをめぐる問題が深刻化/子どもの貧困をなくそう
子どもたちに最善の利益の保障を
---保育園建設で入園待機児童の解消を
---増える児童虐待--なんでも相談できるネットワークづくりを
---どの子も安心して医療が受けられるために
・平成21年度決算に反対
・補正予算案に共産党は意見を付して賛成
・議員定数を29人から28人に削減
---共産党は反対
・住宅リフォーム助成制度で景気刺激と市内の仕事起こしを

●大和市民新聞166号ー2010年08-09月
1面PDFファイル
・子どもの未来に関わる教科書は
戦争を美化する教科書ではなく
先生や採択委員会の答申をもとに採択すべきです
2面PDFファイル
・生活保護は、憲法25条に定める最後のセーフティーネット。
---増え続ける貧困層
---ケースワーカーが足りない
---福祉分野ですすむ職員の臨時職員化
・耐震補強、リフォーム工事の促進で市民の生命と安全の確保と仕事起こしを
・大和駅、市立図書館のトイレ増設と改修を提案
・子宮頚がん予防のワクチン接種の公費助成を求める陳情採択し、国へ意見書提出

●大和市民新聞165号-2010年05-06月
1面PDFファイル
・大和のサラリーマン平均所得10年で41万円も落ち込み
個人市民税は11億円減(H22年度予算)
---国の地方交付税、補助金削減が市の財政を圧迫
---構造改革押し付けで、自治体で進む民営化と不安定雇用
2-3面PDFファイル
・世界一危険な基地は普天間も厚木も同じ
日本共産党核兵器廃絶、基地撤去で米政府と会談
--厚木基地に新たな米海軍航空司令官の移駐は基地の強化--
普天間基地も厚木基地も、米軍基地は日本にいらない、沖縄で怒りの9万人の波
---青森県三沢基地から米軍航空司令官が新たに厚木基地へ移駐
---自公政権が推進してきた米軍と自衛隊の一体化で進む
「憲法改正」の国民投票システムづくり
---海兵隊は抑止力か?問われているのは日米軍事同盟
4面PDFファイル
・規制緩和でなく安全で豊かな環境を
--保育園建設は、国と自治体の責務--
保育園が足りない!
大和市入園待機児150人も
---大和駅近くの新たな保育園
安全でよりよい環境の確保を提案
---国の保育所運営補助金削減が民営化の原因
---保育園の詰め込みや調理外部委託の規制緩和をやめ、
安全で豊かな成長を保障する環境の確保を

●大和市民新聞164号-2010年02月
1面PDFファイル
・安保改定50年 国民を欺く核持ち込み
---米軍機、世界に類のない日本ので無法な訓練
---米軍再編は自衛隊と一体で軍事行動できる体制作り
---軍事同盟は20世紀の遺物、世界に広がる友好条約
---米軍とは軍事同盟ではなく対等な友好条約を
---米軍機部品落下、住宅直撃
・財源不足は地方交付税カットも原因
2面PDFファイル
・大和市 子どもの医療費助成(通院)満12歳まで拡大へ
---保育し増やして入園待機児の解消を
子どもの無保険なくせ
---大和市18歳まで健康保険証交付
・大和駅第4地区に芸文ホール建設調査費を計上
・公契約条例の制定で中小企業の仕事と最低賃金確保を

●大和市民新聞163号-2009年12月
1面PDFファイル
・核兵器のない世界へ向け
大和市 平和市長会議加盟へ
---市長「加盟を検討」と答弁
---貧草の根の運動が歴史すすめます
・米軍厚木基地司令部夜間区連中氏の要請書受け取りを拒否!
---真の健康都市をめざすには
・今こそ市民負担増の行革路線の見直しを
2面PDFファイル
・保育園増設で入園待機児の解消を
---大和市待機児185人も!(9月1日現在
---保育園の増設など緊急対策を急げ!
---市長「保育園の新設も検討」と答弁
・最低基準の撤廃は公的責任の後退
子どもが安心して過ごせる保育園がみんなの願い
・核持込み「核密約」の公開を求める意見書を採択
・生活保護の母子加算の復活を求める陳情書採択

●大和市民新聞161号-2009年5月
1面PDFファイル
・大企業は、雇用を守る社会的責任があります
生活保護制度は市民生活守る最後のセーフティネット
---困ったことは共産党へご相談下さい
---貧困の救済は政治の責任
・雇用と人の健康を壊す ――構造改革を
---真の健康都市をめざすには
2-3面PDFファイル
・小泉内閣以来の社会保障費の削減の弊害がこんなところにも出ています。
---保育園待機210人児保育園建設、入園待機児解消は公的責任
---介護保険認定の制度改悪をやめさせよう
---自民公明政治が強行した障害者自立支援法は障害者の自立を「阻害」しています。
・厚木基地新たなヘリ部隊配備を許すな! 共産党 外務省に申し入れ
4面PDFファイル
・教育を受ける権利は基本的人権
どの子も学べる機会の保障を
---成和病院巡回バスの利用で南林間・西鶴間交通不便地域の一部が解消
・大和市21年度予算に「憲法改正」国民投票システム構築費を計上
・きっぱり反対!政党助成金と企業団体献金
・3月議会での審議結果

●大和市民新聞160号-2009年2月
1面PDFファイル
・格差社会ですすむ子ども貧困
市長「子ども部」新設で児童福祉を総合的に推進と答弁
---放置できない子どもの貧困の増加
---税と社会保障の負担で子どもの貧困を増やす自公の政治
---大和市でもすすむ子どもの貧困化
・FA18戦闘攻撃機墜落事故の原因究明を
2面PDFファイル
・「健康保険証のない子ども」の解消を共産党提案
すべての子どもに保険証発行へ
---全国で約3万人のこどもが無保険に
---大和市では119人の子どもが無保険
---「健康とし」めざす大和市なら無保険の子どもゼロに
・安心して出産できる体制を
・コミバス運行の拡大と高座渋谷へのバス乗り入れを
・大企業は社会的責任で雇用を守れ

●大和市民新聞159号-2008年11月
1面PDFファイル
・小泉構造改革は、市民と大和市に何をもたらしたか
---市民の収入は9年連続減り続けるなかの増税の押しつけ
---下水道料金も値上げへ
・原子力空母
---空母の配備が爆音の元凶
市長、配備容認しないと答弁
2面PDFファイル
・医師を確保し、市民が安心してかかれる大和市立病院を
---医師不足。その原因は…
---運営改善は。病院機能の充実でこそ
---市長。「市の最重要課題として市民の命守る」と答弁
・わが街の介護サービスは?
---介護保険基金を取り崩し値下げにストップを
・汚染米問題の解明とアクセス米受け入れ中止を求める意見書を公明、民主などが否決
・家庭系ゴミ袋。有料化先にありきではなく意識を高める努力

●大和市民新聞158号-2008年8月
1面PDFファイル
・地球温暖化防止は人類的課題
---市削減目標を掲げ条例化を検討と答弁
---自治体と身近な生活の中からの取り組みを提案
・原子力空母の配備を許すな
---空母の配備が爆音の元凶
市長、配備容認しないと答弁
2面PDFファイル
・先生が子供と向き合い、教育に専念できる勤務条件の改善を
---大和市でも100人を超える不安定雇用の先生
---教育予算削り、格差を持ち込む自公政治
・大和市六月議会
---「高学費負担の軽減を求める意見書」採択
・払いたくても払えない・・・・
国民健康保険税の減免制度の活用を!
・子供たちの楽しみ学校給食
---米飯給食をふやし豊かな献立を!
・路上喫煙防止条例 10月実施へ

●大和市民新聞157号-2008年5月
1面PDFファイル
・現代版うば捨て山!後期高齢者医療保険制度の廃止を!
---誰が創った!?こんな制度―自民、公明のゴリ押しで成立!
---生存権を否定する医療制度は廃止しかありません!
---請願署名
2面~3面PDFファイル
・国保税大幅値上げいのちとくらし脅かす負担増
国の社会保障削減が値上げの背景に
---共産党4名と他1名のみ反対
・大和市でも少人数学級の実施を
---特別支援教育でもマンパワーが必要
---少人数学級の実施は「1クラス40人とした国基準」を変えることが急務
---競争教育をやめ、25人学級で学力が向上フィンランド
・貧困と格差・違法労働の改善を
4面PDFファイル
・市民のいのちを守る施策のさらなる充実を
お年寄りなどに賃貸住宅を大和市が斡旋
---市民の生命を守る、救急医療体制の強化を
---がん検診を充実
・3月議会での審議結果

0 件のコメント:

コメントを投稿