お知らせトップ

日本共産党創立95周年記念講演会

 日本共産党は19日夜、東京都中野区の「なかのZEROホール」で党創立95周年記念講演会を開きました。開場3時間前にはすでに開場を待つ人の姿も。時間がたつほどに人の列が伸び、開場1時間前にはホールを取り巻く長蛇の列ができました。都議選をともにたたかった勝手連の人たちも詰めかけ、安倍政権の暴走に正面から対峙(たいじ)する日本共産党に注目が広がる中、「一度、話を聞いてみたい」と参加した人など、会場は熱気にあふれました。
 都議選を勝ち抜いた19人が壇上で紹介され、原のり子新都議、大山とも子都議団幹事長があいさつしました。志位和夫委員長が「歴史的激動と日本共産党―都議選と国連会議について」、不破哲三社会科学研究所所長が「日本共産党の95年の歴史を語る」と題して講演。歴史的激動のもとで輝きを増す日本共産党綱領の生命力をいきいきと語った両氏の講演の節々で、満場の参加者はうなずき、熱い拍手で応えました。

2015年11月16日月曜日

市民新聞185号ができました。

 9月議会を終え、大和市民新聞185号ができました。
戸別配布も行っていますが、下記リンクからご覧ください。


1面 PDFファイル
オスプレイの厚木基地拠点化は許されない!
---人口密集地上空での飛行を我が物顔で
---なんと、厚木基地でタッチ&ゴー
---中谷防衛大臣に抗議と申し入れ
・平成26年度一般会計決算に反対しました
・9月議会審議結果
・ひろば~戦争法(安保法)廃止のたたかいは進む!~

2面 PDFファイル
暮らしの予算削減で戦争準備
---消費税増税と荒田な社会保障費の削減
---戦争法廃止で暮らしを守る新しい政治を
---高くて払いきれない国保税 基金と支援金の活用で値下げを!
・安心した老後のために、介護保険制度の改悪は許されない
---要支援者は大和市の総合事業に 特養入所待機者、689名も
---介護利用料2割負担(倍になる!)の方、1100人も
---介護職員の処遇改善には、国の「交付金方式を」
・市民の声が反映される「中央林間の街づくり」を
---みどりの住宅跡地にプール建設も提案
---北の玄関口に期日前投票所の設置を提案

毎月第4水曜日は無料法律相談を実施しています。
くらし・お仕事・税金など、弁護士が相談にのります。
議員までお申込みください。


小林節講演会&光のパレード
時間:11月29日(日)14時~
場所:生涯学習センターホール
資料代:500円
主催:大和共同行動の会

0 件のコメント:

コメントを投稿