お知らせトップ

衆院解散うけ街頭演説

 安倍晋三首相は28日、野党が憲法規定に基づき召集要求していた臨時国会の冒頭で、質疑も何もしないまま衆院を解散しました。首相の国政私物化を示す「森友・加計」疑惑隠しを狙った憲法違反の暴挙で、日本共産党、民進党、自由党、社民党の4野党は解散を伝えた衆院本会議を欠席しました。政府は解散後の臨時閣議で総選挙を「10月10日公示―同22日投開票」と決定。5年にわたる安倍暴走政治が最大争点となる選挙戦に突入しました。日本共産党は全国11ブロックの比例代表予定候補、小選挙区予定候補が街頭演説に立ち、東京・新宿駅西口では志位委員長、大阪駅前では小池晃書記局長が「“大義の旗”“共闘の旗”を掲げる日本共産党の躍進を必ず」と訴えました。

2017年5月17日水曜日

5.16 小池晃演説会 会場いっぱいの1000人の参加!!

 5月16日、やまと芸術文化ホール(シリウス)で開催した日本共産党演説会は、会場いっぱいの1000人の参加で大成功となりました。

 フラッシュモブでアピール行動を続ける朝倉さん、弁護士で4市(大和・綾瀬・座間・海老名)共同市民の会の事務局の滝本さんに連帯のごあいさつ、「9条をノ―ベル賞に」の取り組みを続ける鷹巣さんからメッセ―ジをお寄せていただきました。
心からお礼を申し上げます。

〇今の自民党政治のおかしさを痛感しました。共産党の議席を増やして、日本に生まれて良かった! と早く思いたい。(60代)
〇小池書記局長の国会内の小話を聞けて良かった。もっと労働者が休みがとれるようにすることを前面に出して活動していただきたい。(19歳)〇小池さんの話に魅了されました。特に、外交の話が良かった。私は共産党員ではありませんが、参加して良かった。(40代)
など、多くの感想をいただきました。

小池晃参議院議員(党書記局長)のお話はYouTubeからご覧いただけます。

0 件のコメント:

コメントを投稿