お知らせトップ

あなたの入党を心からよびかけます

 日本共産党の小池晃書記局長は11日、国会内で記者会見し、厚生労働省による「毎月勤労統計」のデータの偽装問題について「影響は極めて甚大だ」と指摘しました。
 小池氏は、雇用保険など直接的な給付だけで1973万人・537億円の不払いが明らかになっているとし、雇用保険には、失業給付だけでなく、傷病手当金、育児休業給付、介護休業給付など16種類あるほか、同統計は最低賃金、人事院勧告などの指標にされ、「高度プロフェッショナル制度(残業代ゼロ制度)」適用の年収要件を設定する際にも活用されていると指摘しました。【続く】


入党のよびかけのページ

総選挙2017(赤旗記事一覧)
森友学園・加計学園疑惑(赤旗記事一覧)
YouTubeの共産党チャンネル

2015年9月3日木曜日

厚木基地周辺住民の会の抗議行動に参加

 8月31日「爆音をなくし、米空母の母港に反対する厚木基地周辺住民の会」は、MV22オスプレイが20日から31日にかけて厚木基地に飛来し、人口密集地上空飛来と転換モード飛行を繰り返した上に、厚木基地においてタッチ・アンド・ゴーの訓練を行ったことに対して抗議し、5項目の申し入れを行いました。

 この申し入れには、日本共産党畑野君枝衆院議員、藤井かつひこ県議、相模原・大和・綾瀬・座間市議などが参加し、大和市議団からは宮応ふみ子市議団長が参加しました。

 周辺住民の会のニュースはこちらからご覧ください


0 件のコメント:

コメントを投稿