お知らせトップ

日本共産党創立95周年記念講演会

 日本共産党は19日夜、東京都中野区の「なかのZEROホール」で党創立95周年記念講演会を開きました。開場3時間前にはすでに開場を待つ人の姿も。時間がたつほどに人の列が伸び、開場1時間前にはホールを取り巻く長蛇の列ができました。都議選をともにたたかった勝手連の人たちも詰めかけ、安倍政権の暴走に正面から対峙(たいじ)する日本共産党に注目が広がる中、「一度、話を聞いてみたい」と参加した人など、会場は熱気にあふれました。
 都議選を勝ち抜いた19人が壇上で紹介され、原のり子新都議、大山とも子都議団幹事長があいさつしました。志位和夫委員長が「歴史的激動と日本共産党―都議選と国連会議について」、不破哲三社会科学研究所所長が「日本共産党の95年の歴史を語る」と題して講演。歴史的激動のもとで輝きを増す日本共産党綱領の生命力をいきいきと語った両氏の講演の節々で、満場の参加者はうなずき、熱い拍手で応えました。

2016年3月29日火曜日

しんぶん赤旗 特別号外「戦争法廃止へ 政治変える」

 しんぶん赤旗 特別号外「戦争法廃止へ 政治変える」が共産党中央委員会のHPにアップロードされています。

 戦争法は施行され、アフリカの南スーダンでの自衛隊の活動が大きく変化しようとしています。与党からも慎重にとの声が出され、多くの国民が今もなお、廃止を求めて声を上げ続けています。民主主義・平和主義・立憲主義のいずれも破壊する手続きや内容であり、到底許されるものではありません。
 9月19日、強行採決を受け、共産党は国民連合政府の実現を呼びかけました。「野党は共闘」の声に応え、2月5野党の共闘が始まりました。国民の力で政治を変える歴史的一歩を踏み出す参議院選挙にしましょう。

 



0 件のコメント:

コメントを投稿